だあさんとはどんな人?運営者情報 

【悪用厳禁】たった5分で500円GET!デンソーの発明改善提案書で効率よく稼ぐ方法!

どうも、だあさん(@daaaasan6)です。

この記事では、初心者の方へ向けた発明改善提案書のメリット・デメリットに関する内容になっています。

工場で働くと改善提案という言葉をよく聞くと思います。改善提案を出すことでいくつかメリットがあるのですが、そもそも書き方が分からないとか書くのがめんどくさいという方が多く居ると思います。

また、社員登用試験を受験しようとしている方であれば、効率良く改善提案を出すためのコツなんかも気になると思います。

なので、今回は発明改善提案書のメリット・デメリット更に効率の良い発明改善提案書の書き方も紹介していきます!

改善提案書とは何か?

デンソーには、発明改善提案書というものがあります。

こちらが実際の改善提案書の表面

こちらが実際の改善提案書の裏面

これはどんな時に使うかと言いますと、現場で小改善をした時に報告する為の報告書になります。

発明改善提案書はどこの職場にも必ず準備されています。班長やリーダーの方に言えば何枚でも貰うことができ、正社員・期間工関係なく誰でも書くことが出来ます。実施した改善についての報告書になります。

改善は現状に対して対策をしたら終わりではありません。現状が改善によってどのように変化したか、その変化によってどのような効果が得られるかを報告するまでが改善になります。

 ◆ 必要な情報 ◆

  • 現状の問題点
  • 問題に対しての対策方法
  • 実施した対策による効果

これらを報告することで上司や他部署の方でも改善の目的や変化点を理解することが出来ます。

改善の本来の目的は、現状を改善(最適化)することで会社の利益を出すことにあります。当然、現状よりも時間やお金などの無駄が発生するものを改善とは呼べません。発明改善提案書はそれらを見極める物でもあるのです。

発明改善提案書の提出頻度に関しては職場の上司(課長もしくは工場長)の考え方によって異なってきます。毎月1枚提出することを義務付けられている職場があれば、全く出さなくてもいい職場もあるので期間工の人で実際に用紙を見たことが無いという人もまれに居ます。

なので、提出に関しては一部の方を除いて職場のルールに従えば問題ありません。

ここまで読んで、「毎月改善する案件を探すの大変そう・・・」とか「改善して提案書書いてる時間なんてあるの??」って思った人はいますか?

・・・ある訳ないです!笑

現場作業者がそんな暇な訳がありません!ただでさえ少しでも多く生産数を出したいと思っているのに改善に割く時間なんかありません。

実際にどこの製作所でも生産課が出している発明改善提案書の9割は【なんちゃって改善】の報告書です。要は、やってもいない改善をやったことにしてるんです。

もちろん、実際に改善したことを報告している場合もありますが大抵は【なんちゃって改善】です。そうやってノルマ達成するために改善件数のかさ増しをしているんです。それが実情です。“紙の無駄遣いだ!”という作業者の声をよく聞きます。

なので、皆さんそれっぽいことを書いて提出していることが多いのでテキトーに書いて出しちゃえばいいです。最初こそどうやって書けばいいか分からず難しく感じるかもしれませんが、慣れたらすぐに書けるようになるので心配する必要はありません!

ただ、あまりにテキトーだと書き直しを食らい書いた時間が無駄になるので、最低限、字はきれいに書くようにすると返却されにくくなるのでちょっとしたコツとして覚えておくと良いでしょう!

発明改善提案書を出すと良いことづくめ!?

ここまで改善提案書がどんなものか紹介しましたが、個人的な感想を言わせてもらうとすると

めんどくさい!!!

この一言に尽きます!改善内容を考えるのが時間掛かるので地味に大変。

でも、そんな発明改善提案書ですが出すメリットがあるので説明していきます。

お小遣い程度のお金が貰える

発明改善提案書を出すと改善内容に応じて“評価”を付けられます。

◆評価ごとの賞金額と基準◆

 

E評価:200円   ←  ほとんどの改善提案に付けられる評価
D評価:500円   ←  上司次第でつけてくれる場合もある
C評価:5000円    ←  【なんちゃって改善】ではNG。ちゃんとした改善報告が必要。
B評価:10000円        ←    上級改善と呼ばれ昇級時などに必要な評価。上司が協力したりします。

A評価:50000円     ←    同上
S評価:100000円   ←    社内で表彰されるレベル

評価が上がるごとに金額も上がっていきます。ほとんどの人がE評価なのですが、上司によってはD評価にしてくれる職場もあります。

私の職場は有難いことに全部D評価にしてもらえていたのでこんな感じでお小遣いを稼がせてもらってました!笑

こちらが実際の提出結果です。

このようなはがきサイズの紙が発明改善提案書を出した翌月に上司を経由して手元に届きます。

ここで得られた報賞金は発明改善提案書を出した月の翌月の給与と一緒に振り込まれます。

改善提案を書くことはめんどくさいですが、ちょっとしたお小遣い稼ぎにはおすすめです!

改善提案の書き方のコツというかちょっとグレーゾーン(笑)やり方を紹介しますのでそちらを参考にしてみて下さい!

社員登用試験で有利になる

発明改善提案書を出すことは、お金稼ぎだけでなく自分自身の評価面でもメリットがあり、社員登用試験において大きく影響してきます。

先ほど説明しましたが、発明改善提案書を提出すると報奨金が貰えますが、報賞金以外に“点数”が貰えて積みあがっていく仕組みになっています。

◆評価ごとの付与点数と基準◆

 

E評価:    1~4点 ←  ほとんどの改善提案に付けられる評価
D評価:  5~29点 ←  上司次第でつけてくれる場合もある
C評価:30~59点 ←  【なんちゃって改善】ではNG。
ちゃんとした改善報告が必要。
B評価:60~89点 ←  上級改善と呼ばれ昇級時などに必要な評価。
上司が協力したりします。
A評価:90~159点 ←  同上

S評価:160点以上   ←  社内で表彰されるレベル

改善提案を出すとその都度点数が累積されていきます。

その点数が累積されていき決められた点数に到達すると賞が貰えます。

賞は大きく分けて

金賞(ゴールド)銀賞(シルバー)銅賞(ブロンズ)

の3段階になっています。

各賞を受賞するために必要な点数はこちら!

◆受賞の為に必要な点数一覧◆

 

 

銅賞(ブロンズ) ⇒ 100点

銀賞(シルバー) ⇒ 400点

金賞(ゴールド) ⇒ 700点

実際に出してみると銅賞は余裕ですが、銀賞以上は“賞を取りに行く”という姿勢が無ければ取れないと思います。それくらいたくさんの改善提案を出さなくてはいけません。

たくさんの改善提案を出すことになるということは、E評価で3点の改善提案を230枚以上書いて出すのとD評価で7点の改善提案を100枚出すのでは全然労力が違ってきます。賞を取ることはかなり労力を要します。

その為、職場の評価の付け方も重要になってきます。班長に社員登用試験の為に!とお願いをしたら多少優遇してもらえるかもしれないので勇気を出してお願いしてみるのも一つの手です!

ちなみに、私は上司が変わるまでE評価の3点ばかりだったので全然出してはいませんでした。上司が変わってからはD評価の7点になったので毎月10件以上のペースで発明改善提案書を出していました。3点だとなかなかやる気が出ませんよね・・・。

社員登用試験において金賞は必須!?

私は社員登用試験を受験する段階で銅賞(ブロンズ)でした。(必須!?とか言っておきながらすみません・・・)

金賞どころか銀賞すら取っていませんでした。合格はしたのですが、かなり特殊だと言えます。

このままだと【改善提案って必要ないんじゃない?】って思われてしまいそうですが、社員登用後の最初の研修で“同期”にあたる社員登用試験合格者に「改善提案どれだけ出しました?」と聞くと返ってくる言葉は

金賞

ばかりでした。正直びっくりしました。自分が銅賞だったこともあって同じ人が居るかと思いきやどの人も金賞か銀賞。

合格者の中には、銀賞の人も居ましたがQCサークルで受賞歴がある人や海外での生活を経験したことがあるなど何かしらの“武器”を持っている方ばかりだったので余計びっくりした覚えがあります。

私が受験した時は合格倍率が高い時期だったこともあってそういう人が集まりやすかったのも一つ理由にあるとは思いますが、それでもこれだけ金賞の人が居るとなると金賞を取る難しさから言っても金賞受賞が有利に働いているのは間違いないですね。

私の受験時の情報を慰め程度に置いておきます!笑

◆社員登用試験受験時の私◆

  • 改善提案⇒銅賞
  • QCサークル⇒発表経験なし
  • 資格⇒運転免許のみ
  • 勢い⇒◎

【非推奨】改善提案で点数を大量に稼ぐ方法!

ここからは書くのが大変な改善提案を大量に提出にするためのかなりグレーな方法紹介します!
※この方法は自己責任でお願いいたします。上司に指摘された場合はその指示に従ってください!

改善提案の点数を稼ぐには改善提案書を大量に出す上で何が一番大変かって言ったら

アイデアを出すこと!そして、文章を考えること!

この2点かと思います。この2点を解決するための方法を紹介していきます。

まず、アイデアですが

  • 作業中にアイデアを考えてメモする
  • 正社員にアイデアを貰う

この2つが良いかと思います。

作業中にアイデアを考えてメモする

作業中というのは待ち時間があったり割と時間があります。その時間を無駄にするのではなくアイデアを考える時間に充てることで、書くときに改善内容を考える必要がなくなります。この時、内容まで考えなくてもいいです。とにかくたくさんのアイデアを出すように心がけましょう!

ここで必ずやってほしいことが、メモするということです。どんな感じでもいいです。

「作業台 はさみの位置変更」程度のメモでもいいです。自分が読み返したときにどんな感じの改善提案か思い出せれば十分です。

忘れやすい人はもう少し細かく

「作業台のはさみ置き場を横にする」くらいだとどんな改善か思い出せると思います。

大事なのは、メモに残すということです!

正社員にアイデアを貰う

これは、かなり有効な手法です。

正社員の中でも特に、ベテラン社員と呼ばれる方々に

「社員登用試験の為に改善提案をたくさん出したいからアイデア下さい!!」

と正直に言うと協力してもらえます。

ベテラン社員は、今までたくさんの改善提案書を出してきているのでそれなりに改善提案のアイデアのストックがあります。

そして、社員登用試験というと比較的協力してくれる方が多いのでよりアイデアを貰える可能性が高くなります。

みんながみんな協力してくれるとは限りませんが、お願いして損はないです!お願いしてみましょう!

ここまでで改善提案に書くアイデアは蓄えられると思います。次は、文章ですがここはたった1つだけです。

一度書いた改善提案をコピーして保存する!

アイデアが溢れるくらい手に入ったらあとは書くだけです!

ただ、一つだけお願いしたいことがあります。

書いた発明改善提案書を班長に提出する前にコピーしておく!

これが発明改善提案書を大量に出すうえで一番大事なポイントです。

本来、発明改善提案書は班長に提出したら廃棄処分されるため後から見るということが出来なくなります。

せっかく書いた発明改善提案書をもう一度思い出して書くことは難しいし忘れてしまいますよね!

それがすごくもったいないと思いませんか!!!!

そこで、一度書いた発明改善提案書をコピーして手元に残しておくことで次書くときに真似して書いたら5分も掛からずに書き上げられます。

一からアイデアを出す必要はありませんし、文章を考える必要もありません!だって

見本があるんですから!!!!(波田陽区風)

一度は書かないといけませんがこの方法を使えば“一度書くだけ”でいいんです!

これを続けた結果、手元に発明改善提案書のコピーを50枚近く貯められました!

結果、毎月10件以上の改善提案を1時間掛からずに書き上げることが出来ました。

この方法で毎月10件以上提出していけば金賞までの道のりも短く感じられるはずです!

しかし、この方法を使う上で注意しないといけないことがいくつかあります。

同じアイデアの発明改善提案書は隔月で提出すること!

まず、毎月同じ発明改善提案書を出すのはバレる可能性が高い。

班長も何人もいる班員全員の改善提案を見ているからといって隅々までチェックしている訳ではないと思いますが、さすがに同じ内容だと気づかれて注意されるので、対策として

隔月で出すようにする!
(隔月⇒1月出したら2月は出さないで3月出す・・・みたいな)

こうすること多少ごまかすことが出来ます。それでもごまかす程度なので絶対に気づかれない訳ではありません。そこはご承知ください。

気づかれない為にもたくさんのアイデアをストックしておくことで隔月だったのが3ヵ月に一度もしくは4か月に一度の提出にすることが出来、バレにくく出来ます。アイデアのストックを増やすことが重要です!

もう一つは、基本的に発明改善提案書は社外に持ち出し禁止。(申請して許可もらえればOK)

基本的には禁止されているので発明改善提案書は社内で書く必要があります。とは言っても無断で持ち帰っている人は居ますが・・・。

そこは各自、自己判断でお願いします。

【悲報】期間工は契約満了時にリセットされてしまう

ここで残念なお知らせがあります。

金賞を取るために頑張って貯めてきた改善提案の点数ですが、契約満了するタイミングでリセットされてしまいます。

なので、どれだけ発明改善提案書を提出してもMAX3年後には今までの努力が全て水の泡に・・・・。

リピーターの方は赴任一回目は頑張って金賞取ったとしても契約満了に伴い点数が消えたことでやる気を失い、赴任2回目以降はあまり書かないということもよくあることです。

改善提案の点数を無駄にしない方法はたった一つ!正社員になることです!!

実際の発明改善提案書サンプル

最後に、私が書いていたサンプルの一つを公開します!

字が汚いのはご愛嬌ということで!笑

書いてあるのは、改善前と改善後の内容とそのことに関する絵、赤の文字はこの改善のタイトル用のメモです。

下の効果額とかは職場によりますがE・D評価程度の改善には要らない場合が多いです!

ちなみに、この改善は何度出したか分からないくらい使いまわした改善なので、当時は、見なくても書けるレベルになってました!笑

ちなみにこの改善でE評価だったこともありますしD評価だったこともあるので、本当に上司の裁量次第ですね。

まとめ

発明改善提案書のメリット・デメリットを紹介してきました。

  • お小遣い稼ぎが出来る!
  • 社員登用試験を有利に進められる!

この2点があるので発明改善提案書を出すのは、非常におすすめです。

最初こそ手間は掛かりますがそれも最初だけなので頑張って書いてみて下さい!

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です