だあさんとはどんな人?運営者情報 

【損してない?】期間工の面接を楽にクリアするための必須3項【他に差をつけろ!】

どうも、だあさん(@daaaasan6)です!

今回は、デンソー期間工の面接を余裕でクリアするために必要なことを紹介していきたいと思います。

皆さんは、今まで面接を何回受けられたことがありますか?

社会人であれば大抵一回は受けられたことがあるんじゃないかなと思います。大卒の方であれば、何十回と受けられたことがある方もいらっしゃるかと思います。

そうなると、【慣れている方が受かりやすい】,【上手く話す自信がない】とか思ってしまいがち。

確かに、普通の面接であれば慣れていない人より慣れている人の方が受かりやすいと思いますが、

これから受けようと考えているのは、期間工の面接なんです。

同じ面接でも求められることが全然違います。

期間工に求められるものというのは大きく3つに分けられます。

この3つをしっかり理解することで面接の合格を手に入れることができます。

では、その3つとは何かを説明する前にそもそもなぜ応募者を選別する必要があるのか説明していきたいと思います。

なぜ、応募者を選定する必要があるのか?

どこの会社で働くにしても、必ず面接は行われます。それは、会社にとって不利益な人物を入社させない為です。

入社をさせるということは、その時点でその会社の社員として扱われます。派遣でも正社員でも世間一般から見たら“の社員”というくくりで見られます。

もし万が一、その会社の社員が問題を起こした時、責任を問われるのは問題を起こした個人ではなく会社になります。

そうなってくると会社自体の評判悪化や業績悪化に大きく繋がり、最悪の場合、会社が倒産するなんてことも考えられます。

だからこそ、そういったリスクを少なくするためにも応募者の適性を見定める必要があるんです。

また、別の視点から見てみると、

会社は入社した者に対して働いてもらうための準備時間とお金を割かなくてはなりません。その者に掛けた時間とお金は年単位の時間をかけて回収することになります。

もし万が一、入社した者が辞めた場合の会社側のロスが発生します。

発生するロス
・掛けた準備時間とお金が無駄になる
・回収予定のお金も回収できない
・次の者を探す手間が掛かる
・次が見つかるまでの間、他の作業者へ負担が掛かる

これだけのロスが発生することになります。会社として嬉しいことが何一つありません。

なので、ロスやリスクを抑えるためにも少しでもリスクの少ない人材を選定する必要があるんです。

それを踏まえて、3つの重要項目を確認していきましょう。

短期間よりも長期間の期間工の方が喜ばれる!?

作業者一人雇うにも莫大な時間とお金と手間暇が掛かっている。そのため、短期間の者をその都度雇うよりも長期間の者を一人雇う方が会社としてロスが少なくなる。結果として、長期間の人の方が受かりやすいと言えます。

面接では、「どれくらいの期間働く予定ですか?」という質問が必ず聞かれます。なので、回答例としては「3年働きたいと考えています。」や「働けるだけ働きたいと考えています。」といった回答が適切です。

また、長期間働くことを裏付けるために、志望動機をお金がらみにすると効果UPです。理由としては、金銭目的で入社した人というのは長く続ける傾向にあることが分かっています。当然、面接官も知っているため、お金目的の人だと分かれば長期間続ける可能性が高いと判断され、面接をクリアしやすくなります。

逆に注意すべき点は、職歴が色々な職を転々としてきた人。

職を変えた理由を聞かれ、「なんとなく」「めんどくさい」「嫌なことあった」とかを言ってしまうのはNGです。

理由としては、その時の気分ですぐに辞めてしまうと思われてしまうからです。先ほど説明した話と同じで短期間で辞める人は会社側のロスが大きい為、敬遠されやすいです。その中でも、突発で辞めるというのはあまりにロスが大きい為、突発で辞めそうな人は絶対にNG判定にされます

なので、多少嘘をついてでも仕方なく辞めざるを得なかったというような内容にする方が合格に近くなると思います。

協調性は大切である!

会社で働くということは誰かしらと関わり合いながら働くことになります。どれだけ能力のある人でも、協調性なくして能力を発揮することは出来ないし評価もされません。

特にこの期間工という仕事は、与えられた仕事を的確にこなすことが重要なので、自分勝手に行動するような人は必要ないと考えられます。

生産現場では、毎日何事もなく過ぎるなんてことはありません。必ず、トラブルやドタバタが起きています。そうした時、みんなが協力し合える職場とそうでない職場では成果に大きな差が現れます。

協調性がない人というのは、逆にトラブルを起こす側になるのでチームとして会社としていても嬉しいことはなにもないんです。

面接では、「協調性がありますか?」とは聞かれません。しかし、協調性がない=自分勝手,自分本位であるかどうかというのは発言や態度、行動から見られています。

なので、面接では「~です。~ます。」調で話すなど、丁寧な話し方を心掛けることでチームの輪を乱すような人間ではないことをアピールすることが大切です。

マナー・モラルが必須!

最近、世の中でもよく取り上げられていることがこのマナー・モラルです。

マナー:その場の状況に合わせた一般常識

 

モラル:道徳的な行い

ここ最近は、マナーやモラルのない人が増えたと言われています。というのも、携帯の発達と共にSNSが急速に拡大していることも関係しているらしいです。

少し前ですが、コンビニの冷凍庫に身体丸ごと入った映像が世間で話題になっていました。普通に考えれば入る場所ではないにも関わらず、入った上わざわざ自分からネットにあげるようなことをしていました。

結果的に、TVで取り上げられるくらい話が大きく広がっていきました。

飲食物というのは衛生面がかなり重要なのにそれが不衛生であるとすれば致命傷ですよね。コンビニ会社からしたらとんでもないほど迷惑な行動です。

たった一人のバイトが起こした行動によって、会社全体に影響を及ぼしたんです。

これと同じことが、デンソーでも起こり得ます。

期間工はただの契約社員ですが、世間からすればデンソーの社員という認識になります。期間工が何か問題を起こせば全て会社の責任として降りかかってきます。

会社として大ダメージを受けることは必至です。

そういうリスクを避けるためにも、人として最低限のマナー・モラルが求められるんです。

では、面接の時マナー・モラルをどうアピールをしたらいいか?

答えとしては、思いやりのある行動・言動を心掛けるということです。マナー・モラルのない人というのは基本的に自己中心的な考えを持っていることが多いです。当然、自己中心的な考えを持っていれば発言や行動にも現れます。

逆に、思いやりがある人というのは周囲のことを気にすることが出来るので、言動や行動も伴います。その結果、マナー・モラルがあると判断され、採用されやすくなります。

なので、面接の時だけでなく普段から思いやりある行動を心掛けることで、面接官の印象も良くなりますし人としても成長出来るでしょう。

おまけ

仮に面接に落ちてしまっても気にすることはありません。実は、人を多く募集している時期とそうでない時期があるんです。全員が同時に入社して同時に辞める訳ではないのでどうしても偏りが発生します。

募集の少ない時であれば、どんないい条件の人でも落ちてしまうことはあるし、逆に募集が多い時であれば、多少悪くても採用されます。こればかりはどうしようもないのですが、落ちたからと言ってあきらめる必要はありません。

再度、応募しても面接は受けられるので気にせず応募してみてください。

まとめ

今回は、面接で合格するためのポイントを紹介しました。

以下のことが重要になります。

・長く働く!
・協調性を持つ
・常識と思いやりを持って行動する

特別なスキルはいりません。当たり前のことが当たり前に出来ていればそれだけで面接官の印象は良くなります。

今の時代は、交通事故やマナー・モラルにとてもうるさい時代です。色々なものが発達したからこそ使い方を間違えるとすぐに大事になってしまいます。自分もそうですけど、みなさんも十分お気をつけてください。

今回の内容と少し被りますが、こちらも面接に関して書いているのでよろしければご覧ください。

それでは、また!

 

 

 

突然ですが、皆さんは面接で思うような言葉が出てこなかったり、間違ったこと言ってしまったりっていう失敗経験ってありますでしょうか?

面接のためにたくさん練習してきても、本番で緊張MAXになり、頭真っ白とかよく聞く失敗談ですよね。

かくいう私も実は、人の前で話すことでは数多くの失敗をしてきました。余計なことを言ってしまったり、質問と答えが合っていないなど。

結果、面接で落ちることもありました。

その度に、「どうしたら緊張せず話せるのか?」「どうしたらスラスラ話すことができるのか?」など思うのですが、なかなか解決しませんでした。

なので私は、上手に話すことを諦めました(笑)

それはなぜか、面接で大事なことは上手に話すことではなく相手に良い印象を与えることだと気づいたからです。

上手く話せなくても相手に良い印象を与えられれば、合格はほぼ手中です。

では、どうやったら相手に良い印象を与えられるか。これから期間工の面接を受けられる方が、一人でも多く合格できるように説明していきたいと思います

面接官に良い印象を与えるテクニック

ここからは、面接の時に少しでも面接官に良い印象を与えるテクニックを紹介していきます。

もちろん、面接の時の会話で良い印象を持ってもらえたらそれに越したことはないですけど、中には自分と同じように本当に話すことが苦手な人もいますよね?そんな方のために、少しでも面接官に好印象を与えるテクニックを紹介したいと思います。

身だしなみ

人は見た目から第一印象を受け、その人がどんな人物であるかを90%くらい決めつけてしまうそうです。

見た目で一番大事なのは清潔感です。

髪型がぼさぼさでひげを生やしっぱなしの人と髪型をセットしひげを整えている人がいた時、清潔感があるのはどちらか?と聞かれたら誰しもが後者を選びます。前者でも清潔感がある人はいると思いますが、世間一般の清潔に対する認識は後者だということです。

ここでは、清潔感が有る無いの判断は自分ではなく他人がするということがポイントになってきます。

また、髪の長さがロングだからダメとかひげがぼさぼさだからダメって訳ではないんです!

周りの人が見た時に、汚いと思わせないようにきちんと手入れをしていれば髪が長くてもひげがもっさりしていても、清潔感は出てきます。

なので、それぞれの髪型に合った手入れや整え方をすることで清潔感は簡単に出せます。

清潔感は真面目という印象につながるので絶対に必須です。

服装

期間工の面接は私服可なのでスーツか私服どちらで行くか悩みますよね?わざわざスーツを準備するのも手間だし、私服だと手間は掛からないけど合否に関わるんじゃないのか?なんて思ったり。

結論から言うと、どちらで行っても差はないです。割合的には、スーツが6割で私服4割くらいだと思います。

大事なのは、服のサイズ感よれよれの服を着ないことです。

スーツだろうが私服だろうが、服のサイズが合ってない人というのは周りが見ても少し違和感を感じるのでNGです。

よれよれな服を着る人というのは、だらしないという印象を持たれるためNGです。

私服で行く場合、原色の赤や黄色などの派手な色はやめて黒や白などの地味な色を着ていくとちょうどいいです。

おすすめの色は、黒・白・グレー・ネイビー・ベージュです!

質問の返事は短くする

面接の中で、いくつか質問されると思います。その時、だらだら話されても面接官はほとんど聞いていません。

なぜなら、面接官が聞きたいのは“そこに行きつくまでの経緯”ではなく“結果”だからです。なので、なぜその結果になったのかなんて面接官は気にしてません。もし、気になったら面接官が自分から掘り下げて質問してくるので聞かれたら答えればいいです。

【例文】

面接官「期間工で働こうと思った?」
自分「お金を貯めたかったからです。」
面接官「お金を貯めてどうするの?」
自分「〇〇をやりたいと考えています。」

こんな感じで返事をするといいです。コツとしては、“〇〇が△△だったから”とか“〇〇を△△したいから”という文章に変換してから話すと話しやすいと思います。

お金を理由にする

これは、割と有効な手段です。

お金を理由にするというのは、例えば、

・期間工で働こうと思った理由
・デンソーを選んだ理由
・前職を辞めた理由     など

こうした理由の部分を、給与が多いから・貯金をしたいからにすると面接官には多少良く映ります。

“なぜプラスになるの?”って思いますよね?

会社というのは、短い期間働く人よりも長く続けてくれる人のが嬉しさが大きいです。短い期間の人だとその人の次をすぐに探さないといけなかったり、色々ロスが増えてしまうんです。なので、少しでも長く働いてくれる人のが会社としては嬉しいんです。

そうした時、お金を理由に期間工に来られる方というのは比較的長く働いてもらえる傾向にあります。なので、会社としては嬉しさが大きいんです。

逆を言うと、前職を辞めた理由が「なんとなく」とか「飽きた」など“突発”だと、期間工になってからも急に辞めてしまうかもしれないと思われ敬遠されやすくなるので、注意が必要です。

面接は悪い人をはじくためのもの!

面接って普通なら「会社にとって利益のある人材を見つける」ものだと思うんですよね!

しかし、期間工の面接は違っていて“会社の不利益になる人を見つける”ことが目的なんです!

ここでいう不利益とは仕事から逃げ出すこと交通事故周囲とのトラブルまたは犯罪行為などのことを言います!

デンソーで働く従業員がたった一人でも問題を起こせば、それはデンソーの責任・問題になるのです。

大きな会社だからこそ、かんばんに傷がつくことがないように会社側も応募者をしっかり見極めようとしているのです!

なので、ここで言えることは期間工の面接に受かるために一番大事なのは一般常識だということ。

一般常識って自分の常識じゃなくて世間の人からみた常識のことを言います。

主観的ではなく客観的にどう思われるかを考え、行動することが大事になってきます。

またこちらでも、面接合格に向けた対策が載っているので確認してみてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です