だあさんとはどんな人?運営者情報 

【来月、応援な!】他職場の応援に行く!?デンソーの応援制度について

どうも、だあさん(@daaaasan6)です。

今回は、他職場への【応援】について解説していきたいと思います!

実は、デンソーでは頻繁に職場が変わることがあります。新しい職場が立ち上がったり、教育のために転籍とか理由は様々。

その中の一つに【応援】というものがあります。

入社してすぐの人だと応援の話があった時に、色々不安な気持ちになると思います。(私自身、すごく不安に思った経験有り)

なので、応援がどういうものでその先何が起こるかを解説していきたいと思います!

応援とは

応援というのは生産応援を短縮した言葉で、1ヵ月単位で他職場に異動になることを指します。

応援は結構頻繁に行われており、誰しもが経験する可能性が有ります!

基本的には、ひと月応援に出されたらその翌月には元職場に戻ることが多いですが、ふた月連続で応援に行くことも全然あります。

一応、同じ職場への応援は連続3ヵ月までが限度になっており、それ以降は転籍になってその応援先が自身の本職場となります。

 

応援先は、同じ製造部内が多いのですが稀に他の製造部へ応援に行くこともあります。

応援の話が来るタイミング

毎月、月末(第3,4週目)くらいになると上司たちの間で人員調整会議なるものが行われます。

この人員調整会議は、名前の通り各職場で働く作業者(正社員・期間工・派遣問わず)の数を生産量に対して適切な数に調整するための会議になります。

この会議で来月の生産数に対して必要な人数の話し合いが行われ、人員が足りている職場は溢れた人数分を足りていない職場へ送りだすことになります。

 

この会議自体が月末という遅いタイミングで行われますが、そこから誰を応援で送り出すかを班長や係長らが検討するので、そこでまた少し時間が必要になります。

最終的に、作業者に話が来るのは月末の本当に最後の方の日にち。かなりギリギリで「来月、◯◯へ応援行ってもらえるか?」と言われます。

職場も自分で決めれるわけでなく、決められたところに行くことになります。

こんな人が応援に送り出される!

応援に送り出される可能性は全員にあるのですが、その中でも応援に送り出されやすい人が居ます。

それが、こんな人です。

  • 期間工
  • 下っ端正社員
  • 年配正社員
  • 職場で嫌われている人

 

上記の人は応援に送り出されやすいです。

 

なぜ、この人たちなのかというと一番の理由は、

 

居なくても困らない=替えが利く

 

からなんです!

 

班員が減ればその分の負担が職場に残った他の作業者にいくので大変は大変なのですが、それって人増やせば何とかなる問題だったりします。

忙しい時は班長が現場で作業すればいいですし実際班長がライン作業する職場もあるので人数不足による問題はそんなに大きな問題ではないのです。

 

一方、上記以外の作業者(中堅正社員や職制・ベテラン)達が職場から居なくなるとかなり困ることになります。

この中堅社員やベテランたちはリーダーとして職場を仕切っています。トラブルなどが起きればその処置をしたりしなくてはいけません。それらをやるためには知識と経験が必要で代わりを務められる人はかなり限定されてしまいます。要は、替えが利かないんです!

なので、中堅社員たちが応援に送り出される可能性は一般作業者に比べて低くなるのです。

 

また、職場で嫌われている人は応援に出されやすいです。

ここでいう嫌いというのは普通の嫌いとかではなくて職場にいると害があるという意味の嫌いになります。

例えば、決められたルールを何度言っても守らない人とかが職場にいると不良を流出させたりする可能性が高くなります。不良が流出すると調査や報告など膨大な仕事が発生します。上司もそうなるときついのが分かっているので極力リスクのある人間は避けたいという考えです。

こういう場合の応援は、転籍になる場合が結構あります。

 

とはいえ、嫌われて・・・というケースはそんなに多くある訳じゃないです!仕方なく応援に出さないといけないという場合がほとんどですので、応援の話があっても落ち込む必要はないです!大丈夫です!

応援に行くとどうなる?

基本的には、やることは一緒で作業者として単純作業をやるだけです。

職場に配属された時と同じように教育もしてもらえるので安心して応援に行けます。

 

約1ヵ月の応援が終われば翌月からは元の職場に戻って今まで通りの作業に戻れます。

 

応援をやり遂げたからと言って評価が上がる訳ではありませんが、今まで知らなかった人に顔を売るチャンスです。

こういう繋がりが巡り巡って社員登用試験などの場面で恩恵を受けることになる可能性も十分あります!

応援だから・・・と考えず、真剣に取り組みましょう!必ず、誰かが見てくれていますので!

拒否することは出来る?

拒否は出来ないことは無いと思いますが、拒否する理由ときちんと事情を話して納得してもらうことが必要です。

当然、拒否すれば代わりに誰かが応援に行かなくてはならない上に、そのための調整も必要になるので拒否するなら早めの相談をした方がいいと思います。

ちゃんと事情を話して理解してもらえたら問題ないですが、ただ「行きたくない」とか夜勤や残業が・・・なんて理由だと信用も失うのでやめた方が賢明です。

応援をポジティブに考えよう!

今の職場に満足している人にとっては応援はデメリットしかなさそうですが、違う職場を知るということは色々気づきがあって良いものです!

今の職場の当たり前に有難味を感じるようになったり、最先端の技術に触れられて新しい気づきがあったり。

応援の話があっても落ち込まず、前向きに捉えてみるのがオススメです!

まとめ

応援は月末に突然宣告されます。

やることは変わらないしどこの職場も応援者への対応に慣れているので安心して大丈夫です!

色々思うことはあるかもしれませんが、よっぽどの事情がない限り断るのはやめときましょう。

それでは、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です